FANDOM


生物(英語名)No Man's Sky に登場する架空の生物。

概要編集

No Man's Skyにおいて惑星に生息する生物は自動生成を用いて作成され、その数は0000種類にもおよぶ。見た目以外に、性格や食事など生態もランダムで設定されており中にはプレイヤーに襲い掛かってくる獰猛な生物も存在する。また、生物は地上のみならず水中に遊泳していたり、空中に浮遊・飛行しているものも存在するので注意して観察するようにしよう。

生物の大まかな種類 編集

肉食 編集

分析で気質が赤文字で表示される。攻撃的な生物タイプで、プレイヤーに危害を加えてくる。基本的に陸上で単独行動しているものが多いが、大型、洞窟棲、水棲にも肉食タイプが発生することがある。視界から外れていると赤い肉球マークで位置が表示される。プレイヤーだけでなく草食タイプの生物を襲うものや、プレイヤーのみを狙うものもいる。

草食(群れ) 編集

群れで行動している草食生物。小さな個体は子供、大きな個体は親で、子供に危害を加えると親生物と敵対する場合がある。近付くと逃げてしまうが、餌を与えると懐き、コプライトを入手できる。

大型 編集

単独で行動している大型生物。遠くからでも分かりやすい。近付くと歩行で画面が振動する。草食である場合が多いが、稀に肉食型のものもおり、普通の肉食と比べて攻撃力がかなり高い。

飛行 編集

空中に出現する生物。危険は全くなく、プレイヤーが攻撃を加えることもできない。その場をひらひらと舞うものや、渡り鳥のように一定時間のみ出現するものがいる。

洞窟棲 編集

洞窟の入り口付近、もしくは内部にのみ生息する生物。

水棲 編集

水中にのみ生息する生物。群れのものと単体のものがいる。単体の生物は肉食タイプであることがある。

分析と報酬 編集

  • 生物を分析レンズで図鑑に登録することで、分析報酬を受け取ることができる。
  • 普通<特殊<希少 と区別があり、希少なものほど出現率が低く、分析報酬が高い。
  • テクノロジーの動物分析を装備することで、より報酬を上げられる。

生物図鑑とコンプリートのヒント編集

  • メニュー画面・ディスカバリーの右側、スキャン一覧が生物図鑑。
  • その惑星の生物を全て発見すると、スキャン一覧の右上に肉球マークのエンブレムが表示される。全ての生物をアップロードし、肉球マークを×ボタン長押しすることでコンプリート報酬を受け取れる。
  • 惑星の生物の種類が多い程、コンプリート報酬の額が高くなる。
  • 図鑑に載る生物の順番はその生息帯ごとにまとまっていて地上→空中→水中となっている。
  • v1.3から図鑑は発見順に変更されたため、未発見生物を予測しづらくなった。
  • 水中や空中、洞窟の付近にのみ生息する生物は見落としがちです。探してみましょう。
  • コンプリートに必要な生物の数がもともと少ない惑星を狙う。

生物に関わる資源 編集

コプライト
友好的な生物に餌を与えることで入手できる。
モーダイト
生物を殺害することで入手できる。ただし、友好的な生物の殺害をセンチネルが発見した場合、警戒レベルが上昇し攻撃を受ける。

ステータス編集

性別編集

  • アシメトリー
  • 定まらない
  • 無い
  • プライム

気質編集

  • 注意

食事編集

体重編集

解説を入れてください。

身長編集

解説を入れてください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。