FANDOM


生命維持システム(Hazard ProtectionNo Man's Sky に登場するエクソスーツの基本装備。

概要編集

エクソスーツの中核、生命維持システムは常時空気をフィルターし、呼吸に不可欠な酸素を送り込んでいる。

エクソスーツの使用者の生命の維持という役割に加え、このシステムは余剰の酸素を活用して、ジェットパック、速度強化、およびライトなどその他のシステムの動力も作成している。

生命維持レベルを維持するには、パワーパックを常に稼働状態にしている必要がある。

スーツのアイテムケースでアイソトープ資源を直接入れることでリチャージが可能。

機能 編集

エクソスーツに初めから搭載されている。分解不可。

プレイヤーが未知の惑星で生存するために必要な機能の監理装置、エクソスーツの基本モジュールの一つである。

走ったり、ジェットパックを使用すると大きく消耗する。また、大気の薄い惑星では消費速度が速まってしまう。

走る、跳躍するだけでなく、呼吸や心拍監視、『生理現象』への対処も行っており、「エネルギー枯渇=死」を意味するほど大事なものである。

アップグレードにより、スーツの機能が向上していく。

サバイバルモードでは管理は重要だが、ノーマルモードでは、惑星上で延々と行動し続けたりしない限り、意識せずともいつの間にか回復していることの方がはるかに多い。

アップグレード編集