FANDOM


宇宙船は、ステーションやアウトポストに飛来する生命体との売買の他に、惑星や月に不時着している墜落船を修理することでも入手可能となっている。

この記事ではその手順について解説していく。

墜落船の場所の特定方法編集

  • 宇宙ステーションや惑星に設置されたビーコンなどで発見した生命体との会話で「おすすめの場所を聞く」の選択肢を選ぶことでランダムで通信所の位置を教えてもらえる
  • 信号ブースターにナビゲーションデータを使い、「救難の頻度」を調べると「通信所」か「救難信号」の位置がわかる。さらに救難船の近くで「近くの建物」を調べると別の「救難信号」を見つけることができる場合がある
  • 通信所の位置が判明した場合
    • 通信所のクイズを解き救難信号を解読する。間違ったらロードしてやり直そう。中には翻訳時に選択肢が入れ替わってるものもあるので、総当たりになることもある。
    • 観測所では遺跡を検知する
  • 救難信号の位置が判明した場合
    • そこには墜落船があるはずだが、たまにバグで違うものが配置されたりする
    • 信号ブースターで「近くの建物」を調べると別の「救難信号」を見つけられるかもしれない

墜落船に乗り換える方法編集

  1. あらかじめ乗り捨ててよい安い機体を「購入」しておく。購入した機体はコレクションに追加される。放置しておいても失われることはない
  2. いつもの機体で墜落船の近くに着陸する。持ち運べるビーコンを忘れず持っていく
    • ビーコンは科学ターミナルのミッションを進めると作れるようになる
  3. 下船してビーコンでマニュアルセーブを行ったあと、墜落船にアクセスし画面右下の『比較する』ボタンを押す
    • この船を修理するより、さらなる交換用と考えてスロット数が多いものを選ぼう
    • 交換する気にならなかったら信号ブースターを出して、他の救難信号がないか探す
    • 一応この墜落船も保留というときはビーコンを残していく、ビーコンはマーカーとしても使える
  4. 交換する気になったら安い機体をコレクションから呼び出す。安い機体に一度乗り込んで現在の宇宙船を切り替える
    • 分解できるテクノロジーが残っていれば忘れず分解し、何も残していないことを確認する
  5. もう一度墜落船にアクセスし、比較対象が安い機体であることを確認して『承認する』ボタンを押す
  6. 墜落船に乗り込めるようになり、もう元の安い機体にはアクセスできなくなる。この時点でコレクションの機体が交換されている
  7. いつも使う機体に戻って墜落船はそのままに貨物船に戻る
    • 貨物船に降りたら、オートセーブをロードすると墜落船がハンガーに現れる
      • 貨物船がないなら入手しよう。ただし初めて貨物船を手に入れた時、ハンガーにはコレクションが並んでいないのでロードしたくなるが、艦長と受け答えする前の着艦ではセーブされていないので注意。せっかくの貨物船がなくなってしまいかねないので慎重に。
      • コレクションの機体同士が重なってしまうことがある。無理やり発進するとハマってしまうので、そのような場合は貨物船をワープさせると再配置される
    • 修理しなくても貨物船に訪れた生命体の船と交換可能。スロット数が多い船は修理しなくても高額な船として扱われる。修理しても交換用の金額が上昇することはない

TIPS編集

  • アップデートによる仕様変更により、スロット数はランダムとなった。最大スロット数48が出現するのはHAULERタイプの宇宙船のみ
  • アップデートによる仕様変更により、墜落船には破損スロットが発生するようになった。破損スロットは修理しなければ使用できず、また修理する際ユニットを要求される。破損スロットの修理費用は使用可能スロット数が増加するたびに水増しされていく。
  • 破損スロットがあるままだと、宇宙船自体の価値も下落する。破損スロットを全て修理する場合、最終的には生命体から宇宙船を購入した場合と同額のユニットが必要になる
  • ヴァイキーン星系では墜落船の数が多い?(要検証)

関連項目編集