FANDOM


ポータルとはNo Man's Skyにおける架空の建造物


Portal-Active

稼働中のポータル

概要編集

2014年の公式PVでは中央の「ぐにぐに」している所を通過すると他の惑星へと瞬間移動できている。
しかし、現状ゲーム内ではポータルは稼働していないことが発覚しているため、実際の効果は不明。

2017年8月の「アトラスライズ」アップデートで、いよいよポータルが稼働するようになった。

PortalRunes-orange

16種類の象形文字・グリフをパスワードのように組み合わせることで、特定のポータルに任意で移動することができる。

象形文字を集める 編集

ポータルの起動には全部で16個ある象形文字(グリフ)を収集する必要がある。

まず、宇宙ステーション建造物等、生命体がいる場所に時折その星系の生命体と入れ替わって出現するトラベラーを探す。

トラベラーと会話し、100ナノマシンクラスターを支払って「行き方を教えてもらう」を選択。すると、「未知の死亡地点」と表示される座標が現れるのでそこに向かう。

未知の死亡地点にはトラベラーの墓標が浮かんでおり、これにアクセスすることで、16個の象形文字のうちひとつを入手することができる。

ポータルを探す 編集

ポータルはモノリスに特定のアイテムを捧げることで位置を特定できる。ゲックの遺物コーバックスの殻ヴァイキーンの肖像は見つけたら保管しておくといいだろう。

ポータルを使用する 編集

ポータルに近付くと起動インターフェースが現れ、アクセスすると象形文字のリチャージを要求される。それぞれアイソトープ、オキシド、シリケト資源が必要になる。

全ての象形文字をチャージし終えると、パスワードを入力もしくは自分の惑星のパスワードを表示することができる。

銀河の全ての惑星にはそれぞれ象形文字を使った固有の12桁のパスワードが存在しており、これを入力することで任意の惑星に転移することができる。

惑星のパスワードを表示してスクリーンショットに保存し、共有すれば、誰かがいる惑星を訪ねたり、自分のいる惑星に誰かが訪問してきてくれるかもしれない。

ポータル使用後の注意点 編集

ポータルで渡った先の惑星では、宇宙船を呼び出すことができない。

バイパスチップを使用しての呼び出しも不可なので、移動は徒歩もしくはエクソクラフト頼りになる。

ただし、時間と手間のかかる方法かつ惑星基地が犠牲になるが、宇宙船を呼び出す方法は存在する。

  1. ポータルで渡った先の惑星で、信号ブースターを設置する。
  2. 信号ブースターで移住可能な惑星基地を探す。
  3. 徒歩もしくはエクソクラフトを使用し基地に向かう。
  4. 基地で母星登録を行い、再びポータルへと戻る。
  5. 元の惑星に帰還後、宇宙船に乗り宇宙ステーションに向かう。
  6. 宇宙ステーションのテレポーターから基地に戻る。

これで渡った先で宇宙船が使えるようになる。銀河の中心近くの惑星のパスワードを知っていれば、銀河の端から中心まで一気にワープすることも可能になる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。