FANDOM


No Man's Sky発売直前に大規模なアップデートが実行された。以下はその内容。

3種類のルート
ゲームを3種類のルートに沿ってプレイすることが出来る様になった。ゲーム序盤のルート選択がゲーム終盤に向けて大きな影響を及ぼす事になり、これに伴いゲームプレイにパッチ後の新規セーブが必要となることから、以前のセーブデータが使用不可となる。
宇宙
宇宙の生成アルゴリズムを変更。星々は移動し、バイオームは環境に影響を受けるようになった。また、ギャラクシー(銀河)は様々な形を持つようになり、多様性を生むために、銀河の大きさが従来の10倍に増えた。
多様性
各惑星の環境が生物の生態系と多様性に影響を及ぼし、種類と密度が増えた。
惑星
極めて危険な災害が発生し、大気が薄い生命体が存在できない死の衛星を追加。災害にはブリザードや砂塵嵐などが含まれる。
大気
新しい大気システムにより、宇宙・夜空・昼空に4倍のバリエーションを追加。また、光の反射が正確になった事により素晴らしい日没の演出が可能となった。
惑星の自転
テストプレイではプレイヤーが惑星の自転に合わせる事が難しすぎたため、自転を遅く変更。
地表の生成
深さ128mまでの洞窟が生成されるようになります。不規則な地形が追加されます。海底の地質侵食により、更に興味深い海底が生成されるようになります。
宇宙船の多様性
各恒星系により広い幅の宇宙船が出現するようになります、購入も可能です。カーゴやインストール済みのテクノロジーも種類が増え、宇宙船自体の属性により広い個性が与えられるようになります。
インベントリ
宇宙船のインベントリは各スロットにつき従来の5倍の資源を収納できるようになります。スーツ・インベントリは各スロットにつき2.5倍の収納となります。これらの変更は序盤の探索や自由性を確保する為に行われます。次のパッチでは交易のポテンシャルを改善する為に、ゲーム終盤に対応した更なるインベントリの改善を考えてます。
交易
交易に深みが増えました。各恒星系と各惑星ではそれぞれ「欲しい物」と「必要な物」が銀河の経済により設定されます。それらの情報を観察する事が利益のある交易への鍵となります。これらの要素はプレイヤーがどの様にプレイをするかによりバランス調整を行います。このパッチにより銀河の交易価値は再調整され、深みを与えるでしょう。また、交易における裏技も削除されます。
食事
生物は惑星の気候に合わせた食事をとるようになります。生物に食事を与えることにより(生物の)種族によって様々な結果が得られるようになります。例えば、採掘をしてくれたり、守ってくれるようになったり、ペットになったり、レアドロップやレア素材発見時にアラートを発してくれる様になります。
サバイバル
災害プロテクションのリチャージにレア資源が必要となります、シールドの破片が再度有用になります。嵐の危険度が上昇します。災害に対するプロテクションやスーツのアップグレードが追加されました。有毒な液体が増えます。
グラフィックエフェクト
光やテクスチャの解像度が改善されます。影のクオリティが倍になります。テンポラルAAは間に合いませんでした、あとほんの少しだったのに…
バランス改善
数百のアップグレードのステータスへの影響が変更されます。(主にスーツと宇宙船、後は武器も。)新しいアップグレードも追加されます。
戦闘
自動照準と武器の照準が大幅に変更され動きが緩和されますが、必要な時にはターゲットに照準が張り付きます。直ちに処理されない場合、センチネルは互いにアラート発する様になります。QuadとWalker(敵)のAIが上昇修正されチャレンジな物になります。パワーアップ済みの武器を持った私でも彼らは驚異となります。
宇宙戦闘
ブレーキドリフトやクリティカルヒットが出たときに通知が出ます。賞金首ミッションでは大規模な戦闘が発生するようになります。宇宙海賊に襲われる確率が上がります、難易度はプレイヤーの宇宙船が運んでいるものによって変化します。
エクスプロイト(意図しない裏技)
無限ワープやレアアイテムトレードの裏技は削除されました。人々はこの様なチートを使い自分からゲームの楽しみを壊しています、でも不思議だけど自分自身では止められないものだね。
安定性
超大型惑星における建築基盤。再現性の低いクラッシュを修正します、例えばプレイヤーが256光年を一回の亜高速移動(ワープ)で行った場合に起こるクラッシュを修正します。(上記の無限ワープの裏技で可能でした)
宇宙ステーション
装飾のバリエーションが増えます、バー(酒場)・交易部屋や水耕ラボが追加されます。
ネットワーキング
他のプレイヤーが発見した恒星系を銀河マップよりスキャンできるようになり、これにより他のプレイヤーと接触のチャンスが高まります。他のユーザーが発見した恒星系は銀河マップによる移動時に表示されます。
宇宙船スキャン
宇宙船に乗りながらのスキャンが可能となります。事前生成された建築物は宇宙船からのスキャンにより表示されます。
地形の上を通過
ポップインと見えないアーティファクトが減ります。地形生成速度が2倍になります。(水面が多い惑星は次のアップデートで対応予定)
加筆
アトラスパスはジェームズ・スワロー氏と私(Sean氏)により再執筆が行われました。(スワロー氏はDeus Exの執筆者です)プレイヤーの包括的なテーマと自由性がより明確になりました。ゲーム序盤のテキストも再執筆が行われ、それによりマルチエンディングが可能となり、実装されます。

ソース(公式):リンク
Doopによる翻訳:リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。